コープネットスーパー >  会員規約 

会員規約

コープネットスーパーをご利用いただくにあたり、 お客様に遵守いただきたい事項を下記『コープネットスーパー会員規約』に掲載させていただいております。

コープネットスーパー利用規程

コープみらい(以下「当生協」という。)が運営するWebサイト「コープネットスーパー」(以下「本サイト」という。)にご来店頂き、ありがとうございます。
当生協のインターネットサイトを利用して商品等の購入、お届け、及び関連する情報を提供するサービス(以下「本サービス」という。)をご利用の際には、この利用規程(以下「本規程」という。)に同意していただきます。本規程のいずれかの条項に同意されない場合は、本サービスをご利用できません。

【第1条 本規程の目的】
本規程は、当生協が本サイトの運営に関して、当生協と第3条で定義するコープネットスーパー会員(以下「会員」という。) が順守すべき事項等を定めることを目的とします。 

【第2条 本規程の変更】
1.当生協は、本サービスの充実・合理化、会員の便宜向上、社会経済状況の変化への対応、その他本サービスの円滑な実施のため必要がある場合に、本規程を変更することができます。
2.前項の場合、当生協は、本規程を変更する旨、変更後の本規程の内容および変更の効力発生日について、変更の効力発生日までの間にインターネット上に公開して、会員への周知を図ります。 

【第3条 会員登録】
1.本規程における会員とは、当生協の「組合員の資格」を有し、かつ本規程を承諾し、所定の手続きにより登録した者をいいます。 
2.当生協は、前項の登録の申込をした組合員に、第5条第1項各号の事由があると認められたときは、会員登録をお断りすることがあります。会員と異なる登録申込み者がその事由に該当する場合は、その申込をお断りすることがあります。

【第4条 登録情報の変更・退会】
1.会員は第3条の手続きにより届け出た内容(住所、電話番号、およびメールアドレス等)に変更が生じた場合は、所定の手続きにより速やかに届け出るものとします。
2.当生協は、会員がすべき前項の届出を怠った場合において、会員に生じる不利益、損害について責任は負いません。 
3.会員が本サービスから退会を希望する場合は、当生協の所定の手続きにより届け出るものとします。本サービスから退会した場合には、会員は本サービス上で有する特典などの権利を失うものとします。
4.会員が申告した情報は、個人情報として別途「プライバシーポリシー」に基づき、当生協が適切に管理します。当生協は、原則として、会員の承諾なしに個人情報の修正・変更を行わないものとします。

【第5条 利用の停止・会員登録の取り消し】
1.会員が以下の事由のいずれかに該当する場合、当生協は、会員に事前の通知をすることなく、本サービスの利用停止、又は会員登録を取り消すことができます。
 (1) 当生協を脱退し、又は除名された場合
 (2) 商品代金を支払わない等の当生協に対する債務の不履行があった場合
 (3) 登録した事項、届け出た事項に虚偽があった場合
 (4) 電話、FAX、メール、その他の方法によっても連絡がとれない場合
 (5) 過去に本規程違反などにより会員登録が取り消しされていることが判明した場合
 (6) 本利用規程のいずれかの条項に違反した場合
 (7) その他当生協が会員として不適格と判断した場合 
2.会員登録が取り消された場合、その会員であった者は、以後本サービスを利用することができません。 
3.前項の規定に従って会員登録が取り消されたことにより、会員または第三者に生じた不利益、損害について、当生協は責任を負いません。 
【第6条 パソコン等の設置】
会員は、その費用と責任で、本サービスを利用するために必要とするパソコンその他の機器(電話利用契約を含む)とソフトウェア等を設置し、自ら選択したプロバイダーを経由して、本サイトにアクセスするものとします。 

【第7条 パスワードなどの管理責任】
1. 会員は、本サービスを利用するに当り、そのID(メールアドレス)とパスワードを、自らの責任で管理しなければなりません。
2. 会員は、自己のIDとパスワードを、第三者へ貸与・譲渡・名義変更等一切の処分をしてはなりません。
3. 会員は、自己のIDとパスワードを盗用されたことが判明したときは、直ちにそのことを当生協に通知するとともに、当生協から指示があった場合は、その指示に従うものとします。
4. IDとパスワードの管理不十分、使用上の誤り、第三者の使用等によって会員が損害を被っても、当生協は責任を負いません。
5. 会員がパスワードを失念したときは、所定の手続に従い、当生協から教示を受けるものとします。

【 第8条 サービスの変更】
当生協は、会員への事前の承諾なしに、本サービスの内容を変更することができ、これによって会員に不利益、損害が生じても、当生協は責任を負いません。 

【第9条 サービスの停止】
1.当生協は、次の事由が発生したときは、事前に会員に通知することなく、本サービスの提供を全部もしくは一部停止することができます。
 (1) 本サービスを運営するのに必要とされる緊急のシステムの保守、点検等が必要な場合
 (2) 地震・落雷・洪水等の天災により、あるいは火災・停電等の不測の事態により、本サービスの提供が困難となったとき
 (3) 労働争議により本サービスの提供が困難となったとき
 (4) 当生協が、本サービスの提供を停止する必要があると判断したとき
2.当生協は本条に基づく本サービスの中断、停止により、会員または第三者が被った不利益、損害について、責任を負いません。

【第10条 個人情報の取扱い】
当生協では、会員からご提供いただいた個人情報を尊重し、プライバシーの保護に努めております。「プライバシーポリシー」のページにて、当生協の方針をご参照ください。 

【第11条  禁止事項】
1.会員は、本サービスを利用するに当り、次に掲げる行為をしてはなりません。
 (1)ID(メールアドレス)とパスワードを不正に使用する行為。
 (2) 公序良俗に反する行為。
 (3) 未成年者において、法令、条例等で購入を禁止された商品を注文する行為。
 (4) 犯罪・誹謗中傷など、反社会的な行為。
 (5) 第三者の権利・プライバシーを侵害する行為。
 (6) 重複登録・申請内容の虚偽などの不正行為。
 (7) 注文商品の受け取りを、正当な理由なく拒否する行為。
 (8) 本サイトの運営の妨げとなる行為。
 (9) その他、当生協が不適切であると認めた行為。 
2.前項の行為を会員が行った場合、会員に事前に知らせることなく退会させることが出来るものとします。 
3.前項の規定に従って会員登録が取り消されたことにより、会員または第三者に生じた不利益、損害について、当生協は責任を負いません。 
【第12条 著作権等】
本サイトに記載の内容、及びメールにて配信された内容には著作権が存在し、それらは全て当生協に帰属するものとします。よって私的使用など法律によって認められる範囲を超えて、無断で使用(複製、改ざん、頒布などを含む)することはできません。 

【第13条 決済方法及びセキュリティ】
本サービスにおける商品代金の支払方法は代金引換か当生協の店舗で使用できるクレジットカードによる決済のみとさせていただきます。当生協はクレジットカードによる決済の安全性を確保するための措置を講じており、本サービスにおいてはインターネット上の暗号通信技術SSL(Secure Socket Layer)を採用しています。 

【第14条 リンクサイトについて】
本サイトから、または本サイトにリンクを張っている本サイト以外のウェブサイト(以下「リンクサイト」といいます。)は、各リンクサイトの運営者の責任において管理されており、お客さまがこれらのリンクサイトをご利用される際は、それぞれのリンクサイトの利用規程等に従ってください。なお、リンクサイトの内容について、またこれらの利用により生じた不利益、損害について、当生協は責任を負いません。 

【第15条 業務の委託】
1.会員は、当生協が本サービスの運営に関する当生協の業務代行者として当生協の任意により選定された委託業者(以下「委託業者」という。)を指定し本サービスの一部または大部分を代行させることを了承するものとします。
2.この場合、当生協は、委託業者との間に機密保持契約を締結しこれを順守させるとともに、本規程に定めるのと同等の注意をもって登録情報を使用させるものとします。 

【第16条 損害賠償】
会員は、本サービスの利用に当り、本規程に違反する行為によって当生協に損害を与えたときは、その損害を賠償しなければなりません。 

【第17条 免責条項】
1.当生協は、本サービス上で提供された内容、情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性、最新性等の保証も行わないものとします。このことにより生じた会員の不利益、損害について、責任を負いません。
2.地震・落雷・洪水等の天災や戦争、テロ等の不可抗力、及び火災、停電、交通渋滞等の不測の事態により、本サービスの提供が、遅延、変更、中断、中止、停止もしくは廃止となることについて、会員または第三者が被った不利益、損害について、当生協は責任を負いません。
3.当生協は会員の承諾を得ることなしに、本サイトに掲載されている情報を変更することがあります。会員がこの情報を利用されたこと、もしくは何らかの原因により利用することができなかったことによって生じるいかなる損害についても、当生協は責任を負いません。
4.会員における本サービスのご利用によって生じたソフトウェア、ハードウェア上のトラブルやその他の損害について、当生協は責任を負いません。
5.当生協は、会員への事前の承諾なしに本サービスの運営を中断または中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

【第18条 準拠法及び管轄】
1.本サイトおよび本規程の解釈および運用は、日本法に準拠します。 
2.本サイトの運営に関し、当生協と会員の間で紛争が生じた場合は、双方は誠意を持って協議し解決に努めるものとします。 
3.前項の紛争を調停・訴訟等を法的手続きで解決する場合には、さいたま地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
【第19条 改廃】
この規程の改廃は当生協の専務理事が行います。

【付則】
1.この規程は2010年2月28日制定、2010年4月1日施行します。
2.制定以降の改定については以下の記載とします。
 2013年3月21日改定、同日施行
 2019年8月21日改定、同日施行

戻る